自己破産の費用

自己破産をおこす人というのは、無論ほぼ一文無しの人が多いと思います。 しかし、自己破産制度にも費用はかかってきます。 では具体的にはどのくらいかかってくるのでしょうか? 自己破産の費用は人それぞれ違います。 自己破産制度の手続きというのは、弁護士に依頼することが一般的です。 主に、地方裁判所の受付窓口で、その申し立てに費用がかかってきます。 その費用内容というのは、収入印紙代、予納郵券代、予納金があります。 これらは、裁判所ごとに費用が違ってきますので、確認してみましょう。 一番費用がかからないケースとしては、自分が自己破産に関する情報や仕方を知っていて、自分で手続きを行うやり方です。財産がない状態、つまり同時廃止事件という扱いになり、費用は2、3万円ほどで済むでしょう。 弁護士や司法書士を雇った場合というのは、何十万円とかかってしまいます。しかし、これは着手金が半分で、成功した場合のみ、残り半分を払うということになっています。 どの方法をとったらいいかはあなた次第です。

Facebook にシェア