メリットとデメリットを理解して自己破産の手続きを行おう

自己破産には、メリットもあればもちろんデメリットもあります。自己破産手続きを行おうと思ったら、自己破産のメリットとデメリットを理解しておくということが大事なこととなるようです。自己破産の最大のメリットは、債務が免除され、借金がなくなるということです。借金がなくなり、新しい生活をスタートさせることができることは大きなメリットとなるようです。また、破産申立てを行った時点で、貸金業者からの取立てがなくなることもメリットとなるようです。 自己破産を行えば、借金がなくなりますが、デメリットももちろん存在します。自己破産のデメリットとしては、まず、一定の財産を失うということが挙げられます。生活に必要な最低限のものは手元に残りますが、不動産や99万円を超える現金、20万円を超える預貯金などの財産は全て失うことになります、また、自己破産を行うと官報や破産者名簿に記載されるということもデメリットとなるようですが、記載されていることは一般の人には分からないので、大きなデメリットにならないと思う人もいるようです。 自己破産の最大のデメリットは、連帯保証人に迷惑がかかるということなのだそうです。債務者本人は自己破産の手続きが完了すれば借金はなくなり、新しい生活をスタートさせることができますが、連帯保証人には債務の免除が適用されないのだそうです。そのため、債権者は今度は連帯保証人に取立てを行うようになるのだそうです。しかも、連帯保証人は、原則として借金を一括で返済しなければいけないのだそうです。もし返済ができなければ、連帯保証人も自己破産などの債務整理を行うことになるのだそうです。

Facebook にシェア

自己破産をして新たな人生のスタート

日本は不景気の時代が続き、日々の生活が苦しい人が多いと思います。それでも何とか生活をやっていってはおられるでしょうが、貯金がまったくない人の割合も増えているようです。しかしどうしてもお金が足りなくて、消費者金融にお金を借りてしまうケースもあると思います。何とか返すことができているときはいいのですが、なかには給料が減ってしまったりボーナスがなくなったりリストラや倒産などで返せなくなることもあります。 そうなると何とか返済しようとまた消費者金融でお金を借りて、借金を返していき利息だけでもかなりの額になりますから、かなり返済が苦しくなっていきます。そうなるとますます借金が増えて多重債務に陥ってしまいます。そのほかにも借金で苦しんでおられる方はぜひ一度、司法書士か弁護士に債務整理の相談をしてみることをオススメします。ここで大事なことは自己破産などに詳しいところか、専門的なところに相談する方がいいと思います。 自己破産すると人生が終わってしまうような感じの言葉の響きですが、そうではありません。逆に新たな人生が始まるといった明るい感じのものです。財産を処分して借金をなくすことができるのです。そしてアルバイトや仕事で得たお金はまた自由に使うことができるそうです。もちろんでメリットもあります。リストに名前が載ったりクレジットカードやローンなどで不便がありますが、日常生活ではあまり支障がないと思われます。自己破産は人生再スタートの法律なのです。

Facebook にシェア

自己破産は最高の再出発

自己破産という言葉はネガティブなもの以外何ものでもない。自己破産をするということは精神的には相当に追い込まれた状態である。恐らく相当額の借金を抱えているであろう。自己破産をすると人生の終焉を感じる方も多いかと思う。しかし、そうではない。自己破産したからといって人生の終焉を迎えるのではなく、新たな人生の出発と考えた方が良いであろう。多額の借金を抱えることは決して良くないことであるが、どうにもならないこともある。 どうにもならないまま借金を返済していくのは困難である。むしろ借金を返済するために更なる借金を積み重ね、膨れ上がるだけである。自己破産することに決して恥じることはない。言葉だけが一人歩きをし、ネガティブな状態に自ら追い込んでいるだけである。自己破産とは何か、平たく言うと、今までの借金をチャラにすることである。もちろん自分一人で行えるものではない。弁護士に相談し、弁護士の指示のもと、裁判所より破産宣告を受ける必要がある。 弁護士に相談するということはその費用も要することとなる。また諸手続き等で更に費用を要する。しかし、多額の借金はなくなるのである。カードローンが組めなかったり、カードそのものが作れなかったり幾つかの条件を伴うこととなるが、借金を抱えたまま、これからどうなるか分からない人生を送るよりはずっとましである。借金がなくなるということはこれから先の人生は未来に向かって明るいのである。新しい人生が待っているのである。自己破産で迷っている方は手続きをすることを前向きに考えてほしい。

Facebook にシェア

知人が自己破産したこと

自己破産。それは一般的に好まれる行動ではない。自己破産するメリットとしては簡単にまとめると借金が無くなることだが、社会的信用を捨ててまでする行為ではないだろう。もし血縁関係にある者が多重債務に陥り、自己破産も視野に入れるほどの状態になっているのであれば、私財を削ってでも自己返済させようともちかけるだろう。もちろん血縁関係にある、というだけで自己破産したことの影響を被ることは少ないのだが、それでも社会的責任という視点から考えれば助けるのは妥当な考えだろう。 私が今回記すのは知人が自己破産についての相談を私に持ちかけてきたことだ。借金返済が困難になるよくあるケースで、3つの銀行から借りている状態であった。特に私が危ないと思ったのは借金の利率が高い銀行から借りていることだった。私はそのころ自己破産についての知識をあまり持っていなかったため、即座に適切なアドバイスを彼にかけてやれなかったことを悔やんでいる。まずは知り合いや信用できる弁護士に相談するべきなのだ。素人考えで借金については考えないほうがいい。 結局、知人は私が紹介した弁護士と相談し、自己破産をすることになった。知人は私に相談を持ちかける前から借金や私財に関する資料をまとめていたらしく、順調に自己破産の手続きを終えることができた。といっても大体半年ほどかかっていたのは覚えている。知人とはたまに会うが、その中で私が驚いたことは知人がクレジットカードを持っていたことだ。私はてっきり自己破産を一度すると社会的に生きるのが困難であると思っていたが、そこまで悲惨なことにはならないらしい。知人は前ほどではないが快活な性格のままであった。自己破産に陥らないように自己管理するのはもちろんだが、自己破産をすることによって完全に人生が終わるという時代ではなくなっているのかもしれない。

Facebook にシェア

自己破産について知ろう

自己破産という言葉を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。それでは、自己破産とはどのようなものなのでしょうか。自己破産とは、債務者が多額の借金などにより経済的に破綻してしまい、債務者が努力をしても支払不能と裁判所が認め、免責不許可事由がない場合に債務者は必要最低限の生活費、財産意外は全て等価し、債権者に債権額に応じて借金を返済する変わりに残りの借金の支払義務を免除するという手続きのことなのだそうです。 自己破産をすると生活をするために必要最低限の財産以外は全て等価され、失うことになるのだそうです。そのため、自己破産は、任意整理、特定調停、個人民事再生手続き、自己破産などの債務整理の中で最終手段的なものとなっているのだそうです。自己破産は、債務者の経済的な更正を支援し新しい生活をスタートすることができるための最後の手段であり、日本国民であれば、誰でも自己破産の手続きを行う権利を持っているのだそうです。 自己破産の申し立ては、原則としては、債務者本人の住所地、または住居を管轄している地方裁判所に対して行うことになっているのだそうです。債務の支払いが免除されるまでには、裁判所に支払不能と認めてもらうことである破産手続開始決定が確定し、この後に免責許可の決定が確定されてはじめて債務の支払い義務が免除され借金がなくなるのだそうです。自己破産の申し立ては、平成15年をピークに減少傾向にあるのだそうですが、自己破産制度が利用しやすくなったこともあり、増えるとも考えられているのだそうです。

Facebook にシェア

自己破産は破滅ではない

皆さんは自己破産と聞くと、「人生の破滅だ」と思う方も多いのではないでしょうか。かく言う私もかつてはそう思っていました。しかし、実際に自分が自己破産の道を選んでみると、その後の人生は苦しいことがあるものの、幸せを見つけることが出来るものだと言うことを知ったのです。こんな私の人生体験を多くの人に知っていただき、私と同様の悩みを抱えている人に解決の道しるべとなれればと思い、ここにレポートを書き記すものであります。 私が自己破産の道を歩むことになったきっかけは、些細なものでした。私は大学を卒業してから、普通のサラリーマン生活をしておりました。しかし平凡な毎日を過ごすうちに、「こんな毎日に何の楽しみがあるんだろう。もう少し刺激のある生活をしたいな。」と思うようになったのです。そこで私が求めた刺激は、男性でありながら男性を好きになると言う、同性愛の世界だったのです。この世界は思ったよりも深く、追求していくと底が知れませんでした。 そんな中で、私はある男性と同棲生活を始めるようになりました。その男性は私より10歳も若く、定職にも就かず毎日パチンコと麻雀に明け暮れている、救いようのない男だったのです。でも、私は「この男は私がいないと生きていけないんだわ。」と思いこみ、人生の生き甲斐を見つけたかのような錯覚をしてしまったのです。そんなわけで、私は蓄財を使い果たし、いよいよサラ金などに手を出すようになりました。そして3年後、私は友人の助けを借りて自己破産の道を選んだのです。その結果私は救われました。

Facebook にシェア

借金の利息と自己破産

自己破産なんて自分とは別世界の話、カードローンでお金を借りてはいるけれどそれほどの額ではない、という人はかなり多いと思います。確かに今の状態だけをみれば、自己破産は別の世界の話かもしれません。しかしその別世界と自分が住む世界とは、実はそれほどの違いはありません。カードローンなどでお金を借りること自体は何の問題があるわけでもなく、むしろ上手に利用していくことで、急な出費などの際、頼りになる場面も多いことでしょう。 問題なのはお金を借りる側の考え方です。これだけのお金を借りれば利息はいくらになるのか、もし一か月あるいは二か月返済しなかったらいくらも利息が溜まりその利息が次の利息をどのくらい生むのかを知っている人は少ないように思えます。早く返済しないと利息が利息を生んで、自分が借りた額よりもずっと多くのお金を返さなければならなくなります。銀行のATMからお金を引き出す際の手数料が勿体ないといったレベルではありません。 利息が利息を生むと言葉だけでいわれてもあまり実感がありません。しかし今月返済が遅れたらこれだけ余分に払ってもらうと具体的な数字で言われたら、返済が遅れることがかなりの損に思えてくるのではないでしょうか。その辺りの考え方次第では、借金があることと自己破産とが直結することも十分にあり得ます。利息の計算がしっかりできていながら、それでも借金を繰り返すしかない状況の人もいる一方、あまり意識することなく、お金を借りられるだけ借りてしまう人もいます。

Facebook にシェア

近所に住んでいる人が自己破産しました

私の住んでいるところは、とても田舎です。それでも小さい商店街があります。商店街といっても、今残っている店は、薬屋さんと理髪店位です。昔はこの商店街も、けっこうにぎやかだったこともありますが、今は商店がとても少なくなりました。ほとんどの人がマイカーを保有するようになると、近くの町の大きい店に買い物に行く人が増えてしまい、田舎の商店で買い物をする人が、いなくなったのではないかと思います。この小さい商店街で、親と一緒に小さいお店をしていた人が、親が亡くなってからすぐに自己破産しました。 自己破産した人は、幼いころ私も何度か遊んだことがありました。親の借金であれば相続放棄という方法もあったようですが、一緒に仕事をしていたので、共同経営だったようです。この商店街で破産したのは、この人だけではありません。夜逃げした人もいますし、抵当に取られていた家を明け渡して、隣の町でアパートに住むようになった人もいました。ほとんどの店は儲からなくなって店をやめてしまっているので、大きな借金になる前に止めた方が良かったのではないかと思います。 破産宣告した人の親には、私の父も数十万円貸していました。亡くなった親と私の父は、昔親しかったようで、返せないとわかっていても貸してしまったようです。私の父も、昔はこの商店街で商売をしていました。私の父の店は、小さい店で借金だらけで、破産しなかったことが不思議なくらいでした。父は自分も借金の経験があったので、頼まれると断れなかったのではないかと思います。ただ店を継続するのが不可能なところに、その場しのぎのお金を貸すのも、どんなものかと思います。破産宣告した人は、その後普通に生活しています。別にへんな人が取り立てにくるようなこともありません。もっとはやく自己破産していれば、親ももう少し長生きできたのではないかと思います。

Facebook にシェア

自己破産の費用

自己破産をおこす人というのは、無論ほぼ一文無しの人が多いと思います。 しかし、自己破産制度にも費用はかかってきます。 では具体的にはどのくらいかかってくるのでしょうか? 自己破産の費用は人それぞれ違います。 自己破産制度の手続きというのは、弁護士に依頼することが一般的です。 主に、地方裁判所の受付窓口で、その申し立てに費用がかかってきます。 その費用内容というのは、収入印紙代、予納郵券代、予納金があります。 これらは、裁判所ごとに費用が違ってきますので、確認してみましょう。 一番費用がかからないケースとしては、自分が自己破産に関する情報や仕方を知っていて、自分で手続きを行うやり方です。財産がない状態、つまり同時廃止事件という扱いになり、費用は2、3万円ほどで済むでしょう。 弁護士や司法書士を雇った場合というのは、何十万円とかかってしまいます。しかし、これは着手金が半分で、成功した場合のみ、残り半分を払うということになっています。 どの方法をとったらいいかはあなた次第です。

Facebook にシェア